体験記

大人になってからキックボクシングを始めて感じた3つの変化

こんにちは!そしてお久しぶりですかぜぱです!

なんやかんやあって今再び体を動かす仕事をしているのですが、ニート期間中にすっかり重くなってしまった身体をひきずって、家の近所にあるキックボクシングジムに入会しました。

もともとそのジムには興味があって、ご近所仲間との間でもあそこ気になるよね〜と話していたジム。

2フロアあって、上はプロとプロを目指す人が練習する本気のジムで、下は子供の空手教室やフィットネスがメインになっているスタジオ。

週3回1時間のレッスンで、月謝1万円という安さで、しかも教えてくれる人はキックボクシングでチャンピオンベルト持ってるようなお方。

体験レッスン行った日に先生が見本で見せてくれたキックやらパンチやらがカッコ良すぎて、速攻入会を決めた次第でございます。

かれこれもう2週間通っているのですがこれがおもしろいのなんの。

たった2週間ですがキックボクシングを始めて自分に少し変化が出てきた気がするのでそのことについて少し話したいと思います!

大人から始めても遅くない!むしろちょうどいい!

①身も心も強くなれる

例えば人気のない夜道、キャッチセールスが多い怪しい道、怪しい人がいる道など少し危険な場所を通ることがあるとしましょう。

「何かあったら蹴りとパンチを入れてやるから私に近寄るな」というオーラが出せます。(完全なる個人の主観)

例えば自分がひったくり犯だとしましょう。

弱そうな人を狙いますよね?

ゴリゴリのマッチョのバッグをひったくろうなんて思わないですよね?笑

そういうことです。(どういうことやねん)

何かあったときに抵抗できる手段を持っていれば、自然と堂々とした雰囲気が出ます。

それが結果的に自分を守ることにも繋がります。

②お尻がプリっと上がる

これは特に女性に嬉しい変化。

歳を重ねると、まず下半身から衰えていくそうです。

そしてお尻がどんどん垂れてきて平たくなっていきます。

そんな尻になりたくない!

クソニート期間に平たくなってきた自分の尻を見て絶望感を感じていた私ですが、キックボクシングのレッスンに通い始めて気づいたことがあります。

めっちゃ尻が筋肉痛になる。と。

ミドルキックをはじめ、キックする時にめちゃめちゃお尻を使います。

みっちりミットで蹴りを追い込んだ暁にはお尻が4つに割れてるんじゃないかと思うくらいキます。

実際先生もキックボクシングやるとお尻があがると言ってました。

スキニーパンツをカッコよく着こなせるようなお尻をキックボクシングで手に入れられるかも。

③寝付きがいい

これは単純。

身体が疲れてるからスッと寝れる。

そして起きたら全身筋肉痛に見舞われている。笑(2日後に感じるときもあり)

デスクワークなどで脳はたくさん使ってるけど身体は使ってないという方には特におすすめ。

思いっきりミットをパンチしたり蹴ったりすることで、かなりストレス発散になり、脳に溜まった仕事のキャッシュをそこで削除できます。

これは私の感覚ですが、寝る前にあれこれ考えてしまうことも減りました。

まとめ

レッスンの年齢層や雰囲気にもよるかと思いますが、

私が通っているところは他の生徒さんも同年代もしくは上の方々で、みんなでヒーヒー言いながらお互い励ましあってやる雰囲気が良きです。

サンドバッグに向かうのも悪くないのですが、人と対面してミット打ちをやる時間が一番ストレス発散になりますし私は楽しいです。

あのミットの「パァン!」という音と感覚が癖になります。

キックボクシング…気になる方は是非体験レッスンを受けてみてはいかが…?

大人になってからの趣味におすすめの習い事なのは間違いなしです。

というわけで多趣味で飽き性の私ですが、今回のキックボクシングは続くでしょうか…?笑

では!

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。