買って良かったもの

1K7畳の部屋でシンプルな生活する方法-テレビとベッドは処分-

こんにちは!

ひきこもりなので部屋を快適に広く使うことに本気で取り組んでいます、かぜぱです。

トップのサムネ画像。実際の私の部屋なのですが、だいぶ物がなくなりました。

一人暮らしの部屋。大体7畳くらいでしょうか。1Kや1Rで住んでたら収納も少なくて、物が多いと部屋が狭く感じますよね。

でも広く使えて快適に過ごせるような部屋にしたい!ホコリがたまりにくい掃除しやすい部屋にしたい!ということで、この1年間で大断捨離&大奮発祭りが行われました。笑

断捨離したもの、新たに買った物のリストはこちら↓

断捨離されたもの
  • テレビ
  • ベッド
  • マットレス
  • ブルーレイレコーダー
  • PS4
  • デスクトップパソコン
  • 座椅子
  • ラグ
  • トイレカバー、マット
  • 掃除機
新たに買った物
  • フランスベッドJ-Rest折りたたみマットレス
  • ベルメゾン組み立てるパレット風ベッド(すのこ)
  • ニトリの2人用ソファ

はい。見てわかるようにすっごい捨てました。

なぜ捨てたのかなぜ購入したのか、順を追って説明していきます!

ラグはホコリの温床

今まで毎日ものすごいホコリの量に悩まされていて、いっつもクイックルワイパーや掃除機をかけまくっていました。

というのも、部屋の中に布が多く、ラグはふさふさしたやつ、それと合わせてトイレマットとカバーもふさふさしたやつでホコリが大発生しやすい環境にあったからです。

こんなホコリが大発生する状態でこれらのふさふさグッズシリーズはどう考えても清潔さを保てない…というわけで撤去しました。

床に座ることはできなくなりましたが、スリッパとソファーを導入したので解決!

ベッドは邪魔すぎる

4年使い続けたベッドを手放した理由は、邪魔だしマットレスがへたってきたからです。

4年前に購入したエアウィーブマットレスはもう腰あたりが薄くなってしまい寝心地が最悪に。

そしてベッドが近くにあることですぐにダイブできてしまい、やらなきゃいけないことがあるのに堕落する。笑

7畳の部屋にシングルベッド1つ置いただけで、部屋の半分を占拠されてしまうくらいベッドの存在感は大きい。だからこそ、その圧迫感を取り除くだけで部屋が一気に広く使えるようになり、気がついたら寝てた現象をなくすことができます。

そのために導入したのが、フランスベッドJ-Rest折りたたみマットレスと、ベルメゾン組み立てるパレット風ベッド

この組み合わせ。最強だと思っています。カビないしインテリアとして使えるしスペースとらない。

デメリットは寝る時にセッティングがめんどくさいということぐらいでしょうか。笑

でも私はこのめんどくささをプラスにとらえて、間接照明をつけてセッティングすることで、よし、今から寝るぞという雰囲気を作ってセッティングしてます。寝る時だけ敷くルール。敷いたらグダグダしないで寝る。

起きた時も、すぐ片付けます。

これが敷かれているとデスクの椅子が引けなかったりクローゼットを開けられないような場所に敷いたりして、あえて敷きっぱなしにできない環境にしています。

自分に厳しいかも。笑 でも寝付き、寝起きともにとても良くなりました。

そして第一に部屋が広く使えるようになりました。

テレビはいらない

今まではテレビのない生活なんて考えられませんでした。

ゲームしたり朝のニュース見たり、テレビは情報やエンタメの王様でした。

しかし今は…見ていないんですよね…オリンピックなら見るかなぁと思って一応置いてありましたが、なんということでしょう。見ない。これは予想外。

結果は速報でみれるし、気になる試合はリアルタイムじゃないとしてもインターネットで見れる。

今はYouTubeやNETFLIXばかり見てますし、ニュースはネットで知りたい情報をすぐ見れる。

興味ない芸能人の不倫の話はスルーできる。笑

若者のテレビ離れなんて言われてますが私筆頭して離れてます。笑

というわけで離れるどころかオリンピックシーズン中に縁を切ってしまいました。

それに伴い、ブルーレイレコーダーもPS4も使わないということでテレビとブルーレイは譲り、PS4は買取に出すことにしました。

つい1年前まではめっちゃゲームしてたのになぁ。

飽きちゃったのもありますが時間を失ってるような気がしてゲームに集中出来なくなってしまいました。

ゲーム実況を見始めて自分でやらなくても楽しいということが分かってしまったからでしょうか…。

というわけで、じゃあなにで映像見るの?ということなのですが、我が家にはiPadとMacbookとプロジェクターがあるんですねぇ。

お分かりいただけるだろうか…最高の空間が完成したことに…。

映画などを見たい時はパソコンとプロジェクターをつないで音はBluetoothでコンポに飛ばせばもう自宅映画館の完成です。

と言いながらYouTubeで東海オンエア見てますが。笑

このプロジェクターの距離感と画面のサイズ感はテレビがあった時は実現しませんでした。なぜならテレビが邪魔して画面の下の方が歪んでしまうから。

ソファに座ってお酒飲みながら大画面で映像を見る…これぞ至福ッ!!

パソコンは1台でいい

これは人によりますが、私はデスクトップのiMacとMacbook Airを持っていました。

このブログを書いたり仕事したりは全てMacbookで。

iMacは音楽流したりYouTube見たりする用になっていました。3年前に買った物でその時は動画編集したりしてなかったのでスペックも一番低く、Adobeが重すぎて使えない。

クセでiMacでYouTubeを垂れ流しし、Macbookで作業するというのが習慣になっていたのですが、ある日気づきます。

めっちゃ気散ってるゥ…

気がついたら作業せずにずっとYouTube見ててこりゃいかんと思い、意を決してiMac…売りに出すことにしました。

掃除機もなんやかんやいらん

次に掃除機の話。

ラグがあった時は掃除機めちゃめちゃ使っていたのですが、ラグをなくしたことによりクイックルワイパーだけで事足りるようになりました。

掃除機も安いやつを4年半使っていたのでフィルターの汚れが半端じゃない。一応フィルターは洗えるようにはなっていたのですが、汚れるスピード風の如し。一回掃除したらもう汚れまくりで洗うモチベーションを失っていました。笑

粗大ゴミに出そうと思うと友人に話したら欲しいというので座椅子と共にタクシーに乗せて引き取ってくれました。笑

クイックルワイパーなら汚れたまま放置することもなく手軽にいつでも掃除できるので、掃除機なくてもいけると今のところ思っています。

床に長く座れないマンだった

座椅子の話です。

実は以前1万ポッキリの安いソファーを持っていたのですが安さゆえギシギシ言いだしてなんか怖かったので手放し、座椅子を買ってみました。

しかし。

私、床に座れない人間だったようです。お尻痛すぎ。半年しか使っていない座椅子を手放した理由はそれだけ…今は友人のもとでたくさん座ってもらって幸せに暮らしているでしょう…。

というわけでいいソファーが欲しいということでニトリで5万くらいするソファを父に誕生日プレゼントとして買ってもらいました。高すぎたスマン。笑

でもやはりいいものはいいんだなぁと部屋において実感。カバーは洗濯できるしクッションが分厚いからお尻に優しいしこれはいいものを手に入れた…。

プロジェクターの映像をこのソファーに座って見る…最高の空間がこうして完成したのであった…。

まとめ

部屋に生活感がなくなってきました。笑

でもこれでいいんです。活躍しているお気に入りに囲まれて、部屋にあるもの全てがスタメンな感じ。

部屋がイキイキしているように見えます。

使われていない、見られていないものはなんとなく暗い雰囲気を発してるように見えたんですよね。

私なんか…的な。

その子達にスマン!ありがとう!おつかれさま!と言いながらまるでアイドルオーディションするプロデューサーみたいにひたすら選抜を繰り返す最近でした。

物や思い出の物がたくさんある方が落ち着くという人もいれば、少ない物で生活する方が落ち着く人もいて、どんな部屋が自分にあっているかは人それぞれです。

私はつい2、3年前までは部屋はぬいぐるみだらけ、服だらけ、壁になんかいろいろ貼ってたり真っ赤なテレビ台を使ってたり、かなりごちゃごちゃした部屋に住んでいました。

それが何を思い立ったかここまでスッキリ。

好みって変わるなぁと思った今日この頃。

ちなみに部屋をスッキリさせようとより思ったきっかけは昨年Gに初めて部屋で遭遇した時。笑

でもGに会わないために部屋を整理したのに今年また出会ってしまった…

というわけでさらに断捨離とゴミの管理に拍車がかかったような気がしないでもない。

断捨離かぁちょっと興味あるなぁと思った方はとりあえず捨てようか迷っているものを袋に入れて廊下に積んで生活してみたら、意外と使わないということに気づくかもしれません。

捨てる決心がついたらそのままゴミ捨て場に持っていけばいいし、必要なものだと思ったら部屋に戻せばいい。

というわけでゴキブリに部屋で出会わない人生が訪れますように!!笑

では!

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。