心の変化・気づき

緊急G態宣言

昨晩、これから寝よ〜と思ってトイレのドアを開けたら奴がいました。

そうGです。ゴキブリです。

ドア開けた瞬間便座の奥に逃げていくのが見えて、

「んなぁッ!!」

反射的にドアを勢いよく閉めました。

全身の筋肉が硬直、心拍数多分130くらい、変な汗出てきて2021年最高心拍数を記録したかもしれません。

ドッドッドッドッ…

全身が心臓みたい。

あーーー今年も出たか…

昨年の全く同じ時期にも現れたんですよね…G。

前回は洗った食器を入れてるカゴの中にいて、廊下に出る扉開けた瞬間に目の前にこんにちはして心臓止まるかと思いました。

その時は近所の友人が駆除を手伝ってくれました。

今は23時半。誰か起きてるかな…LINEでG出現報告と応援要請を飛ばします。

とりあえずトイレのドアの隙間からGが出てこないか見張ったまま玄関にキンチョールを取りに行きます。

そして少しだけトイレの扉を開けてGの位置を確認。便座左奥の角に発見。

すぐドアは閉められるように持ちながら腕を伸ばして第一アタック。

G暴れ出したので急いでドアを閉めます。

トイレの中でバチバチ音がしていて上の方の壁にぶつかったようだ…

飛んでる…だと…

大人しくなる前にドア開けて飛んでこられたら私が失神してしまうので大人しくなるのを待とう…

と、思っていたら

ヌヌヌヌ…

で、でたぁぁぁぁぁ

ドアの下から出てきたぁぁぁ

そして粗大ゴミで出すために廊下に置いておいた丸められたラグの下に潜ろうとするところをキンチョールで集中砲火。

ちなみにこのキンチョールは薔薇の香りがするので臭くないのですが、その弊害なのか全然効かない。笑

ひっくり返ったのはいいのですがずっとバタバタしとる…

え、全然成仏せんやん。

ひたすらバタバタするGを蔑みの目でただ見つめるかぜぱ。

そして漂う薔薇の香り。

なんだこれ。

カブトムシとか細い脚がいっぱいあるタイプの虫が本当にダメでその中でもダントツトップで嫌いなGの脚。

きんもっ…と思いながらも逃げたら困るので成仏するまで目は離せないと思い、しばらく見ていました。

でもなかなか成仏しないので声をかけてみました。

「お主、どこから入ったんや。言うてみい。」

「他に連れはおるんか。1匹いれば100匹おるっていうらしいからな」

「どこ歩いたんや。食品のとこは行ってないやろうな?!」

「お主…しぶといな。そろそろ成仏したらどうや?」

多分30分くらい睨み合っていたかと思います。

そこで救世主すみたんが登場。

そのタイミングでG成仏。来世はもっとマシなやつに転生しやがれッ!!

しかし、玄関の扉を開けようと思ったらGの上を飛び越えなければいけない。

キンチョールと台所洗剤でベッタベタになった床とGを踏まないように決死のジャンプ。

んなぁぁぁぁ!!!

変な声出た。

そしてG対策本部すみたんの落ち着き払った処理でティッシュで丸められたGはトイレへ放り込まれた。

完。

すみたんがいなかったら私は何時までGと戦っていたのだろうか。

Gをティッシュ伝いだとしても「掴む」という行為が全くできないんですよね。無理すぎて。

すみたん来るまでG睨みながら厚紙を70cmくらい繋げてGポイスプーン作ってましたからね。

あー、このマンション住んでてよかった…

一見落着してからというもの、まだどこかに他の奴がいるんじゃないか…卵があるんじゃないか…とか気になりすぎて全然寝つけませんでした。

明日は部屋を隅から隅まで掃除してやろうと決意したかぜぱなのであった…

P.S 7時間かけて部屋の中すべて掃除した結果Gは出てきませんでした。お風呂がつけ置き中だったので久々に温泉に行ってきたのですが、足元にGがいないか、部屋に持ち帰ってきてないか、とか色々気になりすぎて1日中Gのこと考えててもう好きじゃんって思いました。

おわり

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。