中国

中国から日本に帰国できませんでした。

ミスったぁぁ…

やってもうたぁぁ…

北京で受けたPCR検査の方法を間違えてしまい、出国カウンターで受け入れて貰えず帰りの便に乗れませんでした。

中国大使館のWebサイトにしっかり鼻から綿棒入れるタイプの検査か唾液じゃないと受け入れませんよ!って思いっきり書いてあるのに…なんか結果のフォーマットも指定のやつに記入してもらってねって書いてあるのに…

完全に忘れて指定のフォーマットでもないし、さらに喉からの検査結果を出して拒否されました。笑

そりゃそうじゃ。

私この記事PCR検査受ける前に1回、出国の前日に1回読んでたんですよ…でも全く内容が頭に入ってなかったんです。

他の国土交通省やら隔離に関する事の記事も読んでたのですがそれは覚えてるんですよ。

北京でPCR検査受けた時に喉から綿棒入れるタイプのやつでして、一瞬この記事のことがよぎって、あれ、なんかこれ検査方法限定されてた気がするな…後で確認しなきゃって一瞬思ったのが最後、完全に忘れてました。

手続きや情報関係は結構マメに調べてやるタイプなのになんでこんなにも忘れてたんだろう…というか頭に入ってなかったんだろうか…

不思議だ…

そして出国手続きカウンターに並んでる時に急にPCR検査のことを思い出して、はっ!喉か鼻かどっちかはNGなはず…って事を思い出した頃には時既に遅し。

あー、これ無理かもしれん…頼む…喉検査の方が受け入れられる方であってくれ…と思いながらカウンターに行ったら1/2の確率で撃沈。笑

ガーーーーン

北京でのPCR検査は行き帰りのタクシー、検査場所、受取…全て契約してる会社が調べて用意してくれてて、そこに頼りすぎてました。

もし何か不備があったとしてもまあ責任とってくれるだろう~くらいの軽い気持ちでした…それがあかん

飛行機に乗れなかった理由を報告したら、知らなかった!と驚いてました。そして謝られました。

いや、多分私が謝らなきゃいけない…

知ってたはずなのに忘れてたの私なんですゥ…

私個人事業主なのに任せすぎてましたァ…

というわけでこの場を借りて懺悔と報告。

中国から日本に入国したい時はNo喉!Yes鼻!

【P.S】

週に1本しかない飛行機を逃してしまったのでまた来週まで上海にステイすることになりました…

1週間ひとりぼっちで暇になってしまい、こんなチャンスはないということでこの滞在中上海ディズニーに1人で行ってみるか…!

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。