中国

任務完了🇨🇳中国出張85日目

こんにちは!

中国での仕事を終えまして、とうとう帰国の時がやってきました!

いやー3ヶ月。長かったような短かったような。

こうして大きな国で大きなチャンスを得られたこと、それを達成できたことに感謝しつつ乗り切った自分に拍手。笑

帰国が決まってから日本はコロナ感染者が急にうなぎのぼりになって、しまいには私が帰ると同時に2週間の緊急事態宣言。

私も2週間自宅隔離だし、みんなも自粛だしなんや、みんなで家でのんびり頑張ろう。

今北京の空港にいるのですが飛行機が8pmにも関わらずホテルのチェックアウトが12pmだったのでもうとりあえず空港来るしかない。笑

大きいキャリーと激重リュック2つ持ってウロウロするのは重すぎて無理。

というわけで13時には空港に着いてしまい、さあ、どうする?状態の今です。笑

中に入れば免税店がたくさんあるらしいのですが、なんせこの激重リュックを2つ担いでウロウロしなきゃいけないため、なかなかバーガーキングで落ち着いたお尻を上げることができません。笑

この3ヶ月の滞在を振り返ると、まずは楽しかったの一言。

周りに恵まれて、絶妙なタイミングで絶妙なアシストくれる人に出会ったり、色んな国の人と仕事して色んな価値観があるけど、エンターテイメントに国境はなくて、言葉が通じなかったとしてもエンターテイメントを通じて一つになれる不思議な体験をしました。

国と国は仲が悪いかもしれないけど、人と人は関係なくて、中国人だからとか、日本人だからとか大きな括りで人を判断するのは間違っているなと。

たくさん素敵な中国人の人に出会ったし、仕事の最終日泣いてくれたり(私も泣いたけど笑)

現に中国で私日本人なのよ~って言ったら日本のこう言うところが好き!とか積極的に話してくれたり、なんかお土産くれたり、凄い嬉しそうにしてくれる人に何人も出会って、固定観念や噂ってしょーもないって思いました。自分の目で見て感じてみないと分からない。

あと今まで他人の顔色伺いすぎだったなぁと思いました。笑

自分が他人の顔色伺ってるから、自分も他人のことが気になってあーだこーだ悩んだりするのがしんどいなぁと。もっと自由になりたいなと思いました。

夕飯の誘いを断る時も今までだったら何かしらの理由を見つけて断ろうとするけど、海外の人たちは普通に今日は部屋で休みたい気分なんだって言うだけで、それは大事だ!しっかり休んでくれ!っていう雰囲気になります。

そやねん、部屋で休むのは大事なんよ。

休むことも大きな用事だけどなんか日本だとハッキリ言えないですよね。

そこらへん中国にいる人はびっくりするくらい他人にどう思われてるかを気にしてなくて、1日3回くらい痰絡んで「カァァァーーッ!ペッッ!!!」ってする音(?)も聞こえるし、ステージに出てくる時も不安な顔せずに堂々と出てくる。全然上手くできていなかったとしても、全力は尽くしたで!って感じでケロッとしてる。笑

ハート強すぎ。見習いたい。笑

仕事の最終日に中国人の仕事仲間に、

あなたの努力する姿勢と根気強く私たちに向き合って、どれだけ疲れていてもいつも笑顔で励ましてくれたことに感銘を受けました。

って言われました。

記事の最初に国で人を括るべきじゃないって言ったけど、やっぱり私日本人だなぁ…とつくづく思った北京最終日でした。笑

上海いっきまーす!

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。