エンタメ

「漫画バビロン大富豪の教え」に学ぶお金の話

以前中田敦彦さんがYouTubeで解説していたのを見ていて興味があった本。今回AmazonPrimeに加入していれば無料で読めばるようになっていたので読んでみました!

貧しい少年バンシルは大富豪になるために、バビロン国の大富豪アルカドにどうやったら大富豪になれるのか聞きに行くところから話がスタートします。

その後お金を膨らませる術を身につけるためにバンシルは旅に出るのですが、まあ、うさんくさい人たちの誘いにことごとく引っかかっていきます。笑

そんな彼がどうやって大富豪になっていくのか見守りながら学べる本になってました。

お金持ちってどんな人?

金貨10枚を手にして使うばかりではその人はお金持ちではない。お金持ちというものはその金貨10枚を増やす…つまりお金の増やし方を知っている人である。とアルカドは最初に言っています。

黄金に愛される7つ道具

アルカドは以下7点の事を挙げています

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯えた金に働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそを最大の資本にせよ

バンシルは堅実に働く真面目な少年ですが、それだけでは貧しいままで大富豪にはなれないと気づきます。そこでこれらを踏まえた上でバンシルは旅に出ます。

しかし4を全然実行できず一文無しになってしまうのですが…

知恵の袋かお金の袋か

ここに知恵が入っている袋と金貨が詰まった袋があります。あなたはどちらを選びますか?

無人島に行く人に魚を与えても意味がない。なぜならそれが尽きたら死ぬからだ。魚の釣り方を教えてやらないと生きていけない。

ひとときの富を得てもそれを生み出す、膨らませる手段を知らなければ結果的には大富豪にはなれない。

バンシルは知恵の袋を選び、その袋は旅の中で無一文になった時に開けとアルカドに言われます。

そしてその袋を開ける時が来ます。笑

5つの黄金法則

その知恵の袋を開くと5つの法則が書かれた粘土板が入っていました。

  1. 家族と自分の将来のために収入の10分の1以上を蓄える者の元には、黄金は自らを膨らませながら喜んでやってくるだろう
  2. 黄金に稼げる勤め先を見つけてやり、持ち主が群れを膨大に増やす羊飼いのように賢明ならば、黄金は懸命に働くことだろう
  3. 黄金の扱いに秀でた者の助言に熱心に耳を傾ける持ち主からは、黄金が離れることはないだろう
  4. 自分が理解していない商い、あるいは黄金の防衛に秀でた者が否定する商いに投資をしてしまう持ち主からは黄金は離れて行くだろう
  5. 非現実的な利益を出そうとしたり謀略家の甘い誘惑の言葉にのったり己の未熟な経験を盲信したりする者からは黄金は逃げることになるだろう

黄金の勤め先を見つけてあげるというワードがなかなか刺さります。

ついつい銀行に貯蓄しがちですがそれはお金の勤め先として本当に良いのか…⁇

だからといって自分がよく理解していない金融商品を買ったりうまい話があるという文句に釣られて投資したりするのは間違っているし…

まとめ

ここでは本のストーリーには触れずに、本に出てくる重要な教えだけを取り上げました。

ずっと銀行に貯蓄するのが善だと思い込んでましたがそれは数十年前までの話。

コロナを機に投資銀行を開設した人が増えたようですし、お金を増やすことに興味を持つ人は増えたと思います。

お金ってなんなんでしょうね。

人を幸せにしたらおまけでお金を貰えるもんだとバンシルは言っていましたが…

そういえば会社を辞めてから4ヶ月前に思いたってLINEスタンプを作ったのですが、普段は月300円くらいなのに、なぜか一昨日急に4000円くらい売り上げていたのを知って、その4000円を手にする気持ちは毎月給料日に会社から一定のお金を貰うよりも、なんだか嬉しい気持ちになりました。

何が言いたいかというと、気持ちがこもっているもの、自分が良いと思ったもの、自分を幸せな気持ちにしてくれたサービスにちゃんと惜しまずお金を払いたいと思いました。

と同時にそういった人を幸せにする価値を世の中に提供できる人になりたいですね…

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。