心の変化・気づき

風邪ってなんで「邪」がくっついてるの?

このご時世。めちゃくちゃ嫌なタイミングで盛大に風邪をひきました。

風邪をひく1週間前から、ここ最近類をみない口内炎に見舞われており、母親と喋ってたら突然舌の側面に血豆ができたり、なんだか不穏な口内環境でした。

そしてとうとう喉に口内炎ができて、あっというまに風邪をひきました。

喉の痛み、鼻水(真っ黄色)、熱、咳のフルコンボです。

このご時世、これはコロナではないか…?

と思って何回も症状を調べましたが、なんか違う。というかもう私の身体が「風邪やで」「知ってるやつやで」って言ってる気がする…

ここでやっと本題に入るのですが、そうやって色々コロナの症状を調べてるときに気づいたんです。

「風邪」ってなんで「風邪」って書くん?

「風」の時点でもう「かぜ」って言えてるやん。

今まですんなり受け入れて「風邪」って書いてましたが急に引っかかったんですよね…。

なんで「邪」の文字が入ってるのか?と

ネットで調べても、当て字ということはわかりましたがこれだ!という情報はなく…

眉唾もんの記事もありましたが、どの記事にもだいたい共通してあったのは

「風にのって邪気が運ばれてくる」

という言葉。

邪気…

風邪をひく原因は冷え、ストレスなどの医学的なこと以外に、浄化作用、いったん休みなさいというお告げ、誰かから恨みを買った…とか、それはそれはもうスピリチュアルな原因がネットでは言われておりました。

ネットの情報は手放しでは信じられませんが、言葉に「邪」がつけられてることに関しては何かスピリチュアル的な意味があるような気がするのです。

私はだいたい年2回、同じくらいの時期に熱を出します。笑

7月と11月くらいに。

しかも週休2日で仕事をしてた時期は、決まってオフの前日から体調を崩してオフ2日間を棒に振り、出勤日にケロっと治っていて、風邪で仕事を休んだことはありませんでした。

インフルエンザにかかった時もちょうど仕事が長期休暇の時期で、普段めっちゃ健康に見えるけど、会社に見えてないところでグズグズに体調崩してる人でした。

…話がそれました。すみません。笑

今までの風邪歴(?)を振り返っても

風邪をひくことや時期に関して何か意味があるのでは…?と思い始めたわけです。

やたら風邪引くということはそれだけ「邪」と関わってるからではないかと。

でもちょうどいいタイミングで引くってことは「邪」もそれなりに気が遣えるヤツなのかなと。笑

そして「邪」は実はいいヤツで、「そろそろ休みや〜」って私を風邪にするのかなとか。笑

例えば、冬に雨でずぶ濡れになったとか明らかに風邪になりそうなシチュエーションの場合は「邪」が「オマエ風邪ひきたいんか?喜んでひかしたるわ」って風邪にするのかなとか。

楽しみにしてた旅行の前日に「オマエ旅行行ったらあの友達と喧嘩して一生仲直りできひんなるからやめとき」って風邪ひかすとか。

行きたくない行事があって風邪ひいてサボりたいなぁってときは「そんな甘えんと頑張ってやってこい。風邪はひかせん。」と尻をたたくのかな?とか。

「邪」めっちゃツンデレやん。かわいいな。

良い「邪」もいれば悪い「邪」もいそうだなぁと。

と、根も葉もない話ですが、熱と鼻詰まりでうなされてる中ぼんやり思ってました。笑

何の結論にも至ってませんが、

風邪をひくこと=悪いことでもないのかなぁと思った今日この頃でした。

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。