マネー

【持続化給付金】収受日付印と納税証明書がなくても貰えました!

(筆者は5/2に申請し、20日の朝9:00に入金を確認しました。)

5/1から受付開始している、中小企業、個人事業主向けの給付金システムである持続化給付金。申請には確定申告の控えに原則収受日付印があることとされています。

この収受日付印は確定申告を申請会場現地や、e-taxで申請した場合は問題ありません。

ただし、郵送で提出した場合、任意で確定申告の控えと返信用の封筒を同封しなければもらうことができません。

私は同封していませんでした…

調べると収受日付印がない場合、納税証明書でも代替できると記載が。

納税証明書は税務署が発行してくれる書類で、オンラインでも受け付けていました。

しかし、その日は5/2の土曜日(早朝)…

税務署も閉まってますしオンラインの受付も閉まってます。

でもネット回線は混み合うから空いてる今のうちに申請したいし…

不備で一回つき返されるのを覚悟で、さらに代わりになりそうな資料を探して見たところ、発見しました。

確定申告の還付金を入金しましたよというハガキです。

このハガキを写真に撮って納税証明書のところに貼りつけました。

あとは売上台帳のところに入出金の表と、銀行の入金がガクッと落ちているところをスクリーンショットして貼り付けました。

提出して約18日間。もしかしたら資料を確認している人の手を煩わせてしまったかもしれませんが無事給付を受けることができましたッ!

感謝ですッ!ありがとうございますッ!

このお金でまた経済回せるように頑張りますッッ!!

ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。