自分磨き

26歳。1年間働くことをやめてみた結果。

2020年2月仕事をやめた。

コロナ関係なく2020年は「働く」というのをやめてみると決め込んだ年でした。

ちなみに私の中の「働く」の定義は、朝決められた時間に出社して誰かの指示に従って仕事することです。

それと同時に縁に任せる1年にしようと思っていました。

言い方よく聞こえますがつまりくそニートです。笑

とはいっても全くの無収入ではなく今年の収支がプラマイゼロになる程度はなんかちまちましてみようということで、

タロット占い、LINEスタンプ、株式投資、プログラミング(Webサイト)、会社ロゴの作成、結婚式の映像制作…などなど

(かなり持続化給付金、家賃支援給付金に助けられました。笑)

何やってんの?と聞かれてもこれ!というものがなかったので「なんかいろいろやってる個人事業主」ってことになってました。笑

1年いろいろ気になったことをつまみ食いしてみて気づいたことは、

え、楽しい

ということでした。笑

まあそりゃそうか、やりたいことやってるだけだもんな…

縁あって収入を得る機会がいくつかありましたが、それはお金を手に入れようというよりも経験してみよう、誰かを元気付けてみようという気持ちでやっていたのと、自宅で作業できて時間に縛られていなかったので、私の中で「勤める」には入りません。

以前の職場ではかなり特殊な世界での「働く」をやっていたわけですが、そこでも人を笑顔にしたり、自分が笑顔になれたり、それはそれで辛いことも楽しいことも含めてかなりスペシャルな経験をしました。今でも私の人生の中で一番影響を与えてくれた場所と経験です。

しかしそこを一旦離れてみて何もしなくていいという時間をあえてとったらどうなるんだろうということで、自分で自分を観察してみたら、

なんもしなくていいのになんかしようとする

でした。ニート初めて2ヶ月後にはデスクとパソコンを一式買ってAdobeを契約してました。

そして自分が興味あることを無意識で探していました。そしてもうすでにこの生活が楽しいのでこれでなんとかして生活できるようになりたいという野望が生まれてきました。笑

そこで動画編集を生業にしてみようと企んだわけです。笑

しかし結果、生業にはなっていません。笑

今は同僚の誕生日を祝うためのサプライズ動画を作ることを全力で楽しんでいるという感じです。動画のシナリオを考えてる時や、撮影した素材をどうやって面白くしようか考えていじってる時間が最高に楽しい…。

そしてそれを見せた時に笑ってくれた瞬間になんとも言えない幸せを感じています。

お金を稼ぐための目的として動画編集に取り組んだ結果

人を楽しませて自分も楽しめないと続かない

ということに気づいたわけです。そして、

「どうやったら面白くなるか考える」という作業は寝食を忘れるくらいできる

ということに行き着きまして。

行き着いたところ2020年12月31日がやってきました。

2021年は縁があって3ヶ月ほど「どうやったら面白くなるか考える」環境でお仕事させてもらえる機会をいただきまして、新しいチャレンジが待っています。

その仕事が始まるまで新しい動画を作ったり、英語の勉強したり、あつ森したり…クソニートアディショナルタイムを全力で楽しみたいと思います!

まとめ

1年間働かないと決めるにあたって、2年はなんとか生きていけるだろうという貯金を確保したうえで働かないチャレンジをしてみました。

今年一年お金は増えませんでしたが、人生の選択肢は増えたと思います(良いこと言ったと思ってる)

のんびり過ごして何も考えないことで、自分と向き合おう!と鼻フガフガして向き合わなくても、自分の無意識な行動や興味に気づきやすくなったように思います。

少し気楽で前向きな自分が待ってるよ。と1年前不安を感じてた自分に教えてあげたいです。

2020年、これにて終了ッ

おまけ〜風の時代が来たらしいという話〜

2021年まであと6時間!

2020年のカウントダウンは職場にいたなぁ。今年は自宅で一人こっそり年越しします!

占星術では200年ほど続いた「地の時代」が終わりを告げ、2020年12月22日から「風の時代」が到来したそうです。

物を持つことが良しとされていた時代から体験や人脈などの目に見えない物が力を持つ。

一つのところで安定するというよりもいくつかに選択肢をもち、流動的になっていく。

いろいろな囲いがなくなっていく。

最近よく耳にする「ニューノーマル」や「新しい生活様式」という言葉もこれから始まる風の時代を象徴しているのかなと思います。

時代が変わっていくなぁ…どんな世界が広がっていくのかなぁ…自分の名前「風早」だしなんか縁あるかなぁ。笑

絶対変わらないものなんてないですね。自分も少しづつでも変わっていかなければ気がつけば取り残される。

今ある物を守るのではなく更新していく。

具体的になんやねんっていうツッコミがきそうですが、そんなのわかりません。笑

「知らない物やことに人は恐怖を覚えて攻撃する」とどこかで聞きました。

時代の変わり目に、知らない物がたくさん増えて不安が蔓延しているのを感じます。

2020年は誹謗中傷の問題もたくさんあり、言葉というのは目に見えないナイフで、受け取り手によってはそれは大剣にもなるんだと。反対に良い言葉は人を救う毛布にもなる。

言葉って難しい。日本語に限らず。

風の時代の話してたのに気がついたらそれてた…

良い時代になるといいなぁ

しずえさんとたぬきちのびっくり顔かわええ…
ABOUT ME
KAZEPA
1994年名古屋生まれ横浜育ち大阪在住。 3歳からダンスと共に育ち、中高バレーボール部、大学は東海大学体育学部で割とアクティブに過ごす。そして現在はエンターテイナー兼クリエイターとして人生を楽しんでいる。